2010年12月31日

おもてなしの心

今日も寒いですね。明け方から冷たい風が吹いて
外に出るにもちょっと勇気が入りますわ。

チラホラと雪も舞ってきました。

父の月命日の29日にお墓参りに行きたかったん
だけど時間が無くて昨日の朝早く行って来ました。

eihukuji.JPG

永福寺というお寺なんですよ。

sekihi.JPG

この石碑は長年寺世話をしていた父が伯父と建立して
寄贈したものでお寺の入り口に建てられています。

hakamairi.JPG

お墓の周りを掃除して、両親が植えた水仙が畑の
あちこちに増え続け、今年はいつに無くたくさん
咲いたので花筒の水を替えながら来年の無事を
祈り、いろいろな話をしてきたんですよ。

お餅も食べたいだろうと思ってね、傍に置いて
きました。

月初めと月命日にはお参りに行きたいと思いながら
何だかんだと時間に追われ、おざなりになって
しまっていたけど、やっぱり気持ちがサッパリ
するわね。

自分の心にけじめが出来て、メリハリのある生活が
送れるような気がします。

倒産寸前から奇跡的な復活を遂げ、今や全国的な
フランチャイズの店舗を展開している会社の社長
さんは、毎月1日にはどんなに忙しくても神社と
先祖のお墓参りは欠かさないんだそうです。

見習っていきたいものですね。

さていきなり思い立った門松作りは、専門家から
見たら"なんじゃこれ(・・?!”と思われるかも
知れないけど一応完成しましたんですよ(^_^)/~

kadomatu2.JPG

太さと長さの違う竹を3本まとめて麻縄で縛り
大きめの植木鉢に土を敷いた上に立て、残りの
土をかぶせ周りに紅白の葉牡丹とオカメ南天
後ろに若松を活けました。

若松は根が無いので、土の中に水で湿らせた
オアシスを埋めて挿し込んであります。

全部植え終えたら縁まで土を入れ、白砂を敷く
ところですが、わざわざ買うのも勿体無いので
竹パウダーを敷き詰めました。

これを玄関先まで運ぼうと思ったら、重たくて
動かないのよ(@_@;)
・・・誰か来てくれないとあせあせ(飛び散る汗)

この鉢の周りに何か和風のカバーを巻くと
良いわね。

takehanaire.JPG

余分に切って来た竹があったので、勢いに乗って
花活けも作ったのよるんるん

ミニ葉牡丹と水仙、千両、万両を飾ったら
まっ、お正月らしくなったわね。

これで年神様を向かえる準備が出来たわ!(^^)!

昨日は今年最後の貸切忘年会。2組のお客様に
お鍋をお出ししたんですが、取り箸が足りない!
というので即行で作ったのよダッシュ(走り出すさま)

takenohasi.JPG

竹を細く割り、先端を削ってサンドペーパーを
かければ出来上がり手(チョキ)

お茶事の席でお客様をお迎えする時には事前に
木の枝を削ってお箸や黒文字を用意するのが「粋」
とされ「これがお客様をもてなすという事なのよ」
とお師匠さんに教わった事があったわ。

心を込めておもてなしするといっても、お金さえ
出せば何でも手に入る現代ではともすれば
忘れがちになってしまっているけど、これが
相手を大切にする本来の姿なんですよね。

特にお客様相手の商売をしている者にとっては
とても重要な事だと思います。

おばんざい屋は31日〜1月3日までお休みを
頂きます。

新年は4日からの営業となります。

今年1年沢山のお客様にご来店頂きまして誠に
有難うございました。

来年もどうぞご贔屓の程よろしくお願い
申し上げます。

津駅西口店は年末年始も営業しておりますが
売切れ次第で終了とさせて頂きます。

それでは良いお年を・・・・・手(パー)

今年最後の2ポチよろしく猫
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村
posted by りんちゃん at 11:05| 三重 ☔| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。