2010年11月14日

全ては宇宙の采配

さて今日は何から始めようかと考えねばならないくらい
仕事が中途半端で終わっているんだけど、まずゴーヤと
トマトを半分だけ片づけて、畑の隅に置いてある
水タンクの掃除。

油粕を入れるとどうも虫が寄ってくるような気がして
この夏から使うのを止めてみたんですが、余っていた
分があったので、袋に入れて水タンクに沈めその水を
撒いていたら次第に強烈な匂いが辺り一面に漂い始め
・・・・所謂昔の下肥の匂いですね(>_<)

師匠に聞いたら、良くご存じで「そんなん撒いたら
野菜がおんなじ匂いになるんとちがう?」と言われ
「やっぱりなあ」とそのまま使わずに放置してあった
大量の油粕液を今日遂に捨てたんですよ。

その後が大変であせあせ(飛び散る汗)匂いが消えるまで大掃除をしていたら
半日が終わってしまいました。

な〜にやってんだろねぇ・・・・(ーー゛)

以前本を読んでいたらこの油粕発酵液の方法が書いて
あったので試してみたけどこりゃダメだわバッド(下向き矢印)

takenokohakusai.jpg

青虫に散々食べられて、ボロボロの葉っぱだったけど何とか
生き延びてようやく大きくなってきたタケノコ白菜。

青虫さんが、まだ中に潜んでないかと思って調べましたが
大丈夫みたい。

ニームスプレーの効果があったのかもね。

remon.jpg

同じ畑に植えてあるレモン。

去年は沢山実を付けて長い間収穫できたのに、今年は一個も
見当たりません。

hassakunoki.jpg

春から夏にかけていっぱいおすそ分けしてもらった隣の八朔も
どこを探しても実はありません。

この夏が暑過ぎて機嫌を損ねたのだと思うけど、ゼロは
無いでしょう、ゼロはたらーっ(汗)・・・不思議な現象ですねぇ(・・?

saigonokorinki-.jpg

最後の力を振り絞って一生懸命に実を付けたかと思われる
コリンキー。

苦渋の顔にも見えて痛々しいような気もするけど
芸術的と言えば芸術的(?_?)

あっ、残念!無頓着な背景ですみません。

もうちょっとましな場所は無いかと探していたら
隣のおばちゃんが「花の苗がいっぱいあるから早よ
取りにおいで〜(^O^)/」と呼ぶので貰いに行った
ついでに長居してペチャクチャ喋ってしまいました。

そんなわけで撮り直しはありません。テヘ(~_~;)

それにしても農薬や化学肥料を使わずに作物を育てる
という事は、自然の脅威が常に付きまとうという
事でもあります。

天候や気温の変化に振り回される事も多いけれど
その度毎にうまく付き合っていく方法を探し出し
自分のものにしていくことが大事ですね。

木村さんの言う「すべては宇宙の采配」という言葉が
ようやく身近に感じられるようになってきた気がします。

それではこの辺で・・・・・手(パー)

ポチポチっとよろしくどうぞー猫
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村
posted by りんちゃん at 20:28| 三重 ☀| Comment(0) | 畑仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。