2010年11月03日

寒くなってきましたねぇ。

今日中に玉ねぎの苗を植えてしまうつもりでいたんだけど
夏野菜の残骸を片づけたり、間引きをしたりしていたら
あっという間に陽が暮れてしまったので、明日すぐに
植えたら良いように畝だけ作って帰ってきました。

空を見上げるともう冬の空だねえ・・・・(・。・;

なんだか秋を感じないまま終わってしまいそうバッド(下向き矢印)

hidaakakabu.jpg

飛騨赤カブの芽が出揃いました。
カブの葉は虫に食われやすいので、最初から防虫ネットを
被せておいたのでまず安心(^^)v

飛騨高山の「赤カブ漬け」はとても有名ですが
真似て作っても多分あの味にはならないんじゃないかと
思います。

以前そば打ち体験に行った折、終わってから先生が
お茶うけにと赤カブの漬物を出して下さって、これが
とても美味しかったので、収穫時期が来たら教えて
もらいに行ってきますわるんるん

hourensou.jpg

ホウレン草の間引きをしたんですけどね。
同じ畝で生えてきた芽が成長に随分差があるんですよ(・・?

hourensou2.jpg

こっちは小さい葉っぱのまま、しかもまばら。

これはなぜかと思ったら、考えられるのは石灰ですね。

種を播く前に牡蠣ガラ石灰を振っておいたんですが
チョイと量が足りず「まっ、いいか目」と東側の部分だけ
手抜きをしてしまったんですねえ(~_~;)

野菜名人のハルちゃんが
「ホウレン草は絶対石灰撒かなあかんぞ!」と言っていたのを
思いだし、あぁやっぱりなあ・・・・・と悔んでみても遅したらーっ(汗)

でも本当にそうなのexclamation&question

追肥をしていくうちに追っつくかも知れないし・・・・。

もうちょっと様子を見てみましょう。

しかし田舎の家は寒いねえ(>_<)

そうだ!!部屋の隅に置き去りにされた練炭火鉢が
あったわっexclamation

rentanhibati.jpg

両親が二人で住んでいた頃、訪ねて行くとこの練炭火鉢を
テーブルの横に置いてご飯を食べていたりしたわね。

お豆さんを煮ていたり、薬草茶を煎じていたり・・・・。

「鍋を掛けておくと知らんとる間に炊けとるわ」と母が
コンロ替わりに年中使っていたものです。

早速練炭を買って来なくては!(^^)!

そうそう、体の中も温めなくちゃいい気分(温泉)

sinsyouga2.jpg

さっき掘ってきたばかりの新生姜です。

これを使って「新生姜の蜂蜜漬け」を作っておきましょ(^^♪

新生姜はタワシできれいに洗って土を落としてね。

sinsyouga3.jpg

ピカピカの色白美人だねぇぴかぴか(新しい) 

これで約200グラムです。これをスライスして水に晒し
ザルに上げて水気を切っておきます。

保存瓶は熱湯で消毒して乾かしておいてね。蓋もね。

スライスした生姜を電子レンジで約1分加熱します。
上下を返して再び1分間加熱したら保存瓶に入れ蜂蜜を
ひたひたに注ぎます。

sinsyougahatimituduke.jpg

ハイ、出来上がり手(チョキ)
蜂蜜は800グラム入れてあります。

レンジにかけるのは部屋中に広がる新生姜の香りを
楽しむ為・・・・・でもありますけど、すぐ飲みたい
でしょ(^^ゞ

熱々の生姜を入れるので蜂蜜はすぐ溶けます。

香りもしっかり付いていますけど、出来れば数日
置いた方が良いです。

日持ちもするので、新生姜の出回る時期にたくさん
作っておくと冬の間重宝しますよ。

アイスでもホットでもお好きな割合に薄めてどうぞ。

飲むだけでなく、お料理にもぜひ使ってみて下さい。

甘酢あんや豚肉の生姜焼き、また焼き肉のタレなど
工夫次第でいろいろ楽しめますねひらめき

それじゃまた明日・・・・手(パー)

2ポチどうぞよろしゅう猫
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村
posted by りんちゃん at 21:25| 三重 ☀| Comment(0) | 簡単レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。