2010年01月20日

老人の生き様を聞くと言う事

今日は大寒。1年中で一番寒さがピークに達する日と
されていますが、暖かい日になりました。

残念ながらそれも今日だけ。明日から又寒い日が戻ってきそう
ですが、15日もすれば寒が明けると言われています。

春を待つのみですねかわいい

父は相変わらず、朝からウトウトして話しかけても反応は無く
朦朧としている状態ですが、毎朝作って持っていくケールの
青汁だけはどうにか飲んでくれます。

時々独り言を言うんですけど、意味不明(・・?
食事をする意欲も無く、無理やり食べさせるのがちょっと
辛いわね(ーー;)

栄養を吸収させる為に増やした薬の変わりに、認知症の進行を
遅らせる薬を止めた為、こういう症状が出てきたようです。

看護師さんに聞いたところ、両方の薬を同時に使う事は
副作用が出るので危険なんだそうです。

医薬品の進歩のお蔭で私たちは命を長らえる事が出来るように
なって来ましたけど、本人にとってはそれが良かったのか
どうか・・・?

隣りのテーブルで車椅子に座ったまま、一日中ぼーっと
したままのおじいちゃんは、ご家族の面会も殆んど無く
「もう、死にたいわたらーっ(汗)」と言うのが口癖で
只今私はこの人の話し相手になっております。

ベジフルの試験勉強も大事だけど、この人の生き様を
聞いていると、人生勉強にもなりますのでね(~_~;)

母の昔話は何回も同じ内容でうんざりするけど、他人の
話はうんうんとよく聞けるわーい(嬉しい顔)

それでひらめいたひらめき 
客観視する事で人の話も冷静に判断する事ができる目

病院はこういう機能を併設すべきです手(グー)

老人は誰かに伝えたい事がいっぱいあるexclamation×2
自分が生きてきた証、それを聞いてくれる相手が居る事に
よって安らかに人生を全うする事ができる。

そういう事じゃないですか?

戦後の混乱、食べる事もままならない生活。
今では考えられない極限の労働。そういう事の全てを
経験してきた人たちです。私は涙が出ましたよ。

散々苦労をした挙句、無機質な壁を眺めながら
死にたくないと思うのは誰しも同じ事です。

人と人とのコミニュケーションが無くなりつつある今
意識の改革が必要な時期に来ているような気がします。

優しさとか気遣いとか、相手を思いやる気持ちとかね。

それでは又明日・・・・・・手(パー)

いつもポチポチ有難う揺れるハート
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村
posted by りんちゃん at 23:13| 三重 ☔| Comment(0) | 介護関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。