2010年01月03日

笑いまねき、大当たりまねき

あっという間に三ヶ日が過ぎ、又明日から日常の生活が
戻ってきます。

Uターンラッシュは既に始まり、昨夜伊勢道の
下を走っていたら、もう渋滞の車の列が全く動く
気配も無く延々と続いて、多分上り方面は
その日のうちに帰れなかった方もいらっしゃった
のではないでしょうか?

津駅西口店は年末からぶっ通しの営業で、大勢のお客様に
ご来店頂き誠に有難うございましたハートたち(複数ハート)

特に昨日は、毎年恒例の予約注文と同時にお土産を
お持ち帰りになるお客様も多く店内は大混雑で
大変ご迷惑をお掛け致しました。

お蔭さまで4時過ぎには全て完売!!
売り切れ後にご来店下さいましたお客様には
誠に申し訳ございませんでした。

うなぎの消費量が全国1の「津」ならでは。
やっぱりお手土産にはうなぎでございますよ!(^^)!

「元旦から開いているので助かるわ(^.^)/~~~」と
喜んでいただき、続けていて良かったなと思います。

今年はまだシラスが獲れていないようで、不漁と
いう事になればうなぎの値段が上がってくるのは
必至でどう切り抜けていこうかと頭の痛い問題も
浮上してきています(ーー;)

年末の中日新聞に「行く年 デフレ寒風」という
見出しの記事が載っていましたけど、低価格競争が
止まるところを知らず、更に追い討ちをかけるように
細々と営業を続けている個人商店をも呑み込もうと
しています。

人々は安い物を求め、それによって企業の利益は減り
当然給料も下がってくるといった悪循環が繰り返され
私たちは益々この不況から脱却する事ができず今年も
泥沼の中でもがき続けなければならないのでしょうか?

元旦の夜、大型スーパーに立ち寄ったら注連飾りが
売れ残ってうずたかく積まれたまま・・・・・。

お花屋さんの店先にも値引きをした商品が沢山
並んでいましたけど、立ち寄る人もまばら。

記事に書かれていたように、お正月飾りなどにも
その影響は出ているんですねぇ・・・・バッド(下向き矢印)

そういえば今年は各家の玄関に飾る注連縄も
大きな会社の入り口に毎年立てられていた門松も
あまり見かけませんねえ・・・・・

年神様をお迎えする日本の美しい風習なのに
不況の波はこういうところにも影を落とし
残念な事ですね(ー_ー)!!

昨日は予定より早くお店を閉めたので、すぐ近くの
ショッピングセンターに農作業で使えそうな温かグッズ
を探しにいったんですよ。

attakaguzzu.JPG

毛糸の帽子とか手袋とか、発熱効果のあるいい気分(温泉)Tシャツ
とかモアモアの靴下とか・・・・うん、これで完璧!!

お揃いのカラージーンズも買ったんだよ〜るんるん

「趣味悪るっ目」って声が傍から聞こえて
きたけど、これで畑仕事も楽しくなるわ手(チョキ)

各お店の店頭にも福袋が所狭しと並べられて
いるんですが、買っている人もあまり見当たらず
苦境に立たされているのは何処も同じ様ですねぇ。

本来なら満車であるはずの駐車場もガラガラで
なんだか店内は寂しく、お正月らしい雰囲気は
感じられません。

都会ではこういう事は無いのかもしれませんが
地方の都市はもう昔のような賑わいは2度と
戻って来る事は無く寂れていく一方なんで
しょうかねぇ?

これまではお互いの信頼関係で成り立っていた
お店や会社が、ここ数年の間に次から次へと
閉店に追い込まれ、力のある大手チェーン店が
幅を利かせるようになって、空き店舗や更地に
なった場所には不動産関係の看板が建ち並び
そのうち全てが、合理的で効率の良いやり方を
追い求めるどこかで見聞きした事のあるような
全国規模の大型店舗で埋め尽くされる事でしょう。

帰りがけ主人と2人でささやかな食事をと思って
入った和食のお店も何処かの系列店で、店内は
少しも無駄な空間は無く、以前は接客の店員さん
が何人かいたと思うんですけど、昨日はネクタイを
締めた正社員らしき人が一人。
お茶もセルフになっていました。

「これがおススメですよ」と言われた海鮮丼セット。

「えっ?」普通、海鮮丼って生ものを使うんじゃないの?

メニューには「青森産のトロけるような帆立ぴかぴか(新しい)」って
書いてあるじゃない。

写真だってどう見ても生だわ。なのになのに・・・・

子供のお茶碗ほどの量のご飯の上に乗っているのは
ボイルして縮んだ帆立貝柱と、同じくパサパサになった
甘えび・・・・カニ身に至っては赤い毛糸が混じって
いるのか(・・?と思っってしまいましたわ。

因みに半分以上は、業務用袋で売っているあの
極細錦糸卵が占めている。

主人が注文した「ヒレカツ丼」は、明らかに揚げ置き
してあったと思われるものを、高温のオーブンで
一気に焼きなおしたな!と言うのがバレバレの
しっかり焦げ目付き。

売れ残ったけど何とか儲けに繋げなければならない。
捨てるわけにもいかないあせあせ(飛び散る汗)という事情もよく解かる。

けどマニュアル通りにしか動けないアルバイトや従業員
にしてみれば、生であろうが火を通したものであろうが
中身には変わりはない、どうせ一見の客だし
「まっ いいか」てなもんかな・・・・。

生で出すのは危ないけど、茹でたらいいかと
考えただけでもえらいわ。

これからはお客さん不在、会話の一つもできない
ロボットのような店員が接客するこのような形態の
お店が増えてくるかもねえ。

安いんだからいいじゃない!と言われればそれまで
ですけど、職人さんじゃなくても指導する人が
一人でもいたら、このようなものは出て来ないと
思いますけどね。

おままごとみたいなセットで決して安くはなかったわ。

おばんざい屋は失敗も多々あるけど、お客様と向き合い
明るく楽しい会話のあるお店を目指していきたいと
思っております。今回はこのお店から良い反省材料を
提供していただきましたひらめき

なんだか暗いニュースばかりの世の中ですが
沖縄か何処かの民謡にありましたよねえ・・・・。

「泣いて暮らすも50年、笑って暮らすも50年
泣いて暮らすも笑うのも、心ひとつのおきどころるんるん

それなら笑って生きようよわーい(嬉しい顔)っていう内容の唄。

waraineko.JPG

笑っていれば何とかなるさ(*^^)v
で、今年もやって来ました。2匹のニャンコ猫
「笑いまねき」・・・・と

ooatarimaneki.JPG

「大当たりまねき」
宝くじを買った人は、まあ、撫で撫でするだけでも
ご利益が・・・・・あるかも§^。^§

おばんざい屋は明日から平常営業です。

どうぞ本年もよろしく。

ご来店を心よりお待ち申し上げております。

それでは又・・・・・・手(パー)

ポチッとしていただければ幸せが揺れるハート
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村
posted by りんちゃん at 23:04| 三重 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。